プチ講座

部下も子どもも伸ばしたい!「脳力」の可能性

ニュース プチ講座 投稿者画像  

必ずできる脳力の伸ばし方

部下を持つ者にとって永遠の悩み「人財育成」

マネージャー堀

ほり。(39歳)マネージャー 2児の父

『部下や我が子の可能性を伸ばしたい。』これは部下を持つ方、お子様のいる方は誰もが思うことではないでしょうか?

先日TED(世界中の素晴らしいプレゼンが視聴できるサイト!なんと無料!!!)でキャロル・ドウェック : 必ずできる!― 未来を信じる 「脳の力」 という動画を視聴しました。

動画のメッセージは…
「子育てで最大のゴールは通信簿の5ですか?
今度のテストの点数ですか?
違うでしょう!
大切なことは、最後までやり抜く力をつけることじゃないんですか?」…というものでした。

遣(つか)う言葉を変えるだけで、子どもに自信をつけることが可能だというのです!これは興味深いっ!早速わが子で実験してみました!!!

「まだ」の持つ力

やだもん!

長男(3才) いやいや病・真っ盛り

 

父ちゃん(ほぅほぅ…長男くん。。。今日もおにぎり一つに30分とは~・・・)

父ちゃん(いつもなら、早く食べなさい(=食べるのがおそいですよ!)というところだが、今日の父は少し違うのだよ!フフフッ)

父ちゃん(なぜなら、『子ども成長の途中にあることが実感できる言葉を選べ!』という内容の動画を見たばかりだからなんだぜ!早速試してみるか・・・)

父ちゃん長男(3才)は、【まだ】ちゃんと食べれへんのやんなぁ?

いや!食べれるし~

急に負けん気をだす3才児

長男「食べれるも~~~ん!!!」

長男(ムシャムシャ…)

長男(ガツガツ…)

長男「ぐうぉぉぉぉぉおお!!!!!」(これは

!!!

おそるべし【まだ】パワー

脳力アップのポイント

動画で語られる脳力アップのポイントは

  1. 成長の大きな要因は「プロセスでどれだけ努力したか?」
  2. 努力している瞬間に脳内ではニューロンを生み出して正に賢くなっているらしい!
  3. 【まだ】や【未合格】などの言葉を使うとよい!

そう言われると、確かに人は「【結果】で成長しない」(ような気がする)のです・・・

少なくとも、プロセスには結果を凌駕する成長が期待できそうです。

今後の人財育成に活かそうと思った気付き

  • 「今ここ」は未来(未だ来ず)のプロセスである。
  • 「褒める」「しかる」はプロセスに対して行う。
  • 出来ていないことは「不合格」→「未合格」と考える。

これらを踏まえながら今後の人財育成(特にわが子) に活かそうと思いましたっ!

みなさまもお勧めの人財育成法とかありましたら、是非教えてください!