プチ講座

[手書きイラストに色を付けたい]ライブトレース機能を使ってみる(Illustrator)

ニュース プチ講座 投稿者画像  

ライブトレース機能を使ってみる

手書きで描いたイラストにパソコンでいい感じに色を付けたい。
そんなタイミングありませんか?
そんな時にはIllustratorのライブトレース機能を使って、ちゃちゃっと色を塗っちゃいましょう!!

 


まずはイラストをスキャン!!

スキャナー読み取り後の画像手書きで描いたイラストをパソコンで使うために、イラストをスキャナーで取り込みます。
スキャナーによって対応している画像の種類が異なりますが、JPEGやGIF等の画像形式にしておいた方が作業がし易いと思います。
今回は左に居るイラストの彼を読み込みました。

 


Illustratorで「配置」

次にIllustratorで先ほどの画像を読み込みます。
画像の読み込み

 

 

 

 

この画像から、線を「パス」として検出することで、簡単に色が塗れるようになります。

 

ライブトレース機能を使う

次に、画面上にある「ライブトレース」のボタンを押すと、自動的にイラストの線を「パス」として検出してくれます。
まず、ライブトレースボタンの隣にある下向き三角ボタン「▼」をクリックしトレースオプションを確認します。
トレースオプション画面
ここでは、「しきい値」の項目を確認します。しきい値の値が大きいほど細かくパスを検出してくれますが、その分時間がかかります。
白黒のイラストであれば128ぐらいに設定するといい感じにしてくれます。 そしてトレースのボタンをクリックすると

 

ライブトレース
・・・あまり変わりませんね。でもご安心ください。ここで画面上部にあるライブペイントのボタンをクリックします。ライブペイントボタン

そうするとイラストの線がパスに変換されます。
ライブペイントツール後は左のツールから「ライブペイントツール」を選択し、場所に合わせて「塗り」を設定します。

 

 

 

塗り設定そして、塗りたい場所にマウスを近づけると塗りの場所が選択されます。後はどんどん塗りましょう!!

 

 

 

 

どんどん塗ってくよー!!
・・・
・・・・・・あれ?
・・・・・・・・・あれれ?うまく塗れない!!
塗り失敗なんでだー!!


塗りの範囲を修正

なぜかうまく範囲が指定できない。隣のパーツまで塗られてしまう。
これ、パスを検出するときにパーツ同士の切り分けがうまく出来ていない事でよくおこります。
そんな場合は、隙間オプションを使ってパーツの切り分けを修正します。(オープンパスをクローズドパスに修正します。)
少し分かりずらいですが、画面上部の右寄りに隙間オプションボタンがあります。
そして隙間オプション画面から「隙間の検出」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
これだけで修正は完了です。
隙間オプションボタン隙間オプション

それでは、気を取り直してガシガシ塗っていきますよー。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
出来たー!!
どうでしょう、意外と簡単なので皆さんも是非!!

完成