プチ講座

あなたにもできる正しい宛名の書き方 <その1>

ニュース ビジネスマナー プチ講座 投稿者画像  

手紙や書類を送る際、封筒の宛名を書くときに字の大きさやバランスはこれでいい?

縦の封筒に横書きする時はどう書くの? など、ちょっと悩むことありませんか。

今回は一般的に「長3」サイズと呼ばれる封筒の例でいくつか抜粋して見てみましょう。

[宛名の表書]

①宛名個人名のみ場合の縦書き 封筒①

◎住所は郵便番号の右端に揃えて一文字分スペースをあける

◎番地など、数字は漢数字を使う

◎名前は中央の郵便番号の枠から一文字分スペースをあける

 

 

 

 

 

封筒②

②住所にマンションやビル名ある場合の縦書き

◎マンション名やビル名は正式には略さない


 

 

 

 

 

 

封筒③

③会社宛、部署、担当者に向けての縦書き

◎宛名は中心に会社名、肩書は少し小さめに氏名の上に書く

◎履歴書(応募書類)在中は朱書する

 

 

 

 

 

 

封筒④

④家族などへ連名で記載する場合の縦書き

◎氏名は1名だけの場合より小さめに書く

 

 

 

 

 

 

封筒⑤

 ⑤縦の封筒に横書きする場合

 

 

 

 

[裏書のバリエーション]

1234

◎封かん日は左上に記載

◎封締めには、「〆」(しめ)を「×」(バツ)に見えない様に注意して書く

◎自分の住所と名前を左側に書く(正式には中央に住所氏名を書くのが正しいとされていますが、郵便番号の枠が左側に印刷されていることが多いので、左側に書くのが一般的になっています)

就職活動の応募書類の送付や、就職してからの請求書送付など、、、目指すはスマートな送り方✉✉✉

次回はA4サイズを折らずに入れることができる角2封筒について紹介したいと思います。