プチ講座

「フローチャートを書きなさい」・・・書く前に

プチ講座 投稿者画像  

プログラムの勉強を始めた。
条件分岐(if)やループ処理(for・while)と言った用語についても
何となく分かる。
でも、練習問題が解けない。

と言うと必ず先生にこう言われます。

フローチャートを書きなさい

んなこたぁ分かってんだよ!!フローチャートが書けないんだよ!!

という方も多いのではないでしょうか。
そんな方はまずは簡単なイメージ図を描くと解り易いですよ。

例えば自動販売機を例に考えます。

まず最初は単純に動作をまとめる

「お金を入れる」→「ボタンを押す」→「ジュースが出てくる」

ここまでは図じゃなくても分かりますね。

次にキーとなる動作を追加する

  • 入れたお金が不足している場合どうする
  • おつりの計算はどうする
  • そもそもお金を入れるまではどうする(待機)

最後に整理した内容から落書きをする

こんな感じでどうでしょう?

落書き画像

ちょっとテンション上がっておかしなことも書いてますが。
色分けは、適当に動作をグループ分けしています。

・・・待機
ピンク・・・外部からされる操作
・・・結果によって処理がわかれる
黄色・・・単純作業
オレンジ・・・金額計算

後はこの落書きから、フローチャートを作成するだけ。

フローチャートについてはまた今度にしますが。

ポイントは

  1. 自分が解り易いものを題材にすること。
  2. いきなり細かく考えない、簡単なところから。
  3. 後で思いついた機能は落書き時に追加。
  4. 同じ題材で何度かやってみる。
  5. 実際にコードを打ってみる。

こうやって練習するといきなりフローチャートを考えるより
気楽にできますよ。
勉強し始めたものの、訳が分からなくなっている方は
やってみて下さい。

メインメニュー

ブログメニュー

タグクラウド

おすすめ記事

【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由
【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由