プチ講座

知りたいことが見つかる!意外と知らないgoogle検索方法

プチ講座 投稿者画像  

グーグル検索

google検索使ってますか?
今や調べ物をする際にはなくてはならないものですが、日常的に使われている人でも単純なキーワードのみ入力して検索するだけの人がとても多い気がします。
専門的な内容になるほど膨大なページの中から自分の望む情報を探し出すのは大変ですが、検索ボックスにキーワード+αをいれるだけで劇的に効率が上がる検索の仕方を紹介していきます。

1.まずは基本! AND検索 

これは皆さんご存じですね!箱に検索したいキーワードを複数入力していきます。

2.意外としらない!フレーズ検索 

知っている人がガクンと減りましたよね?単純に「xperia z3」なんて検索すると上で紹介したand検索になるので、「xperia」を含むページ「z3」を含むページの両方が検索にかかってしまいます。
「” ”」を調べたいキーワードの前後に入力すると「xperia z3」のそのままのキーワードがあるページのみ検索されます。人の名前をフルネーム入力するときなんかにも有効ですね!

3.これ便利! マイナス検索 

これも使える場面は多いと思います。上のように書くと「コーラに関するページ、ただしカロリーという文字の書いてあるページは除外する」ページのみが検索結果になります。
コーラについては知りたいけどカロリーという言葉から現実逃避したい人にぴったりですね!ちなみに「永遠の課題」で調べるとやたらダイエットの話題が出てきました。平和ですね。

4.あんまり使わない? OR検索 

使いどころが少し難しいですが上記のように書くと「米もしくはラーメンのどちらかに関するページ」が検索される書き方です。昼飯どっちにしようかな。

 

以上4つを紹介しました。普段の検索キーワードに記号を足すだけでいろんな結果が出ますので少しでも学習の助けにしてみてください。

メインメニュー

ブログメニュー

タグクラウド

おすすめ記事

【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由
【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由