プチ講座

簿記を知ろう♪[Vol.5]

プチ講座 投稿者画像  

18820538_480x340

ごきげんいかがでしょうか?

このブログの更新が超久々の大西義博です。

過去の投稿では、簡単な簿記の概要から基本となる仕訳について書かせていただきましたが

今回はちょっと視点を変えて身近な例えでの原価について書かせていただきます。

原価(cost)という言葉は日本語でも英語でも聞いたことはあると思いますが、辞書で調べてみると

広い意味での解釈はいろいろとありますが、今日のテーマに合わせれば

「何かを生産するのにかかった(かかる)費用」ってことでいいと思います。

 

最初に結論を書かせていただきますと、原価を構成するのは三つあります。

材料費・労務費・経費

細かいことはいろいろありますが、三つにおさまります。

大事なことなのでもう一度書きますね。

原価を構成するのは、材料費・労務費・経費です。

 

 

カレー作りに例えてみましょう。

 

カレーを作って人からお金をいただいて食べていただくってことはあまりないと思いますが

あえてカレー屋さんになったとして値段をつけてみましょうか。

 

カレー作りに必要なもの。

 

好みによって人それぞれですが・・・・。必要なものを列挙してみると・・・。

・お米・・・たいがいの人はカレーライスにして食べますね。

・豚肉、じゃがいも、たまねぎ、ニンジン

・ルー

あとはお好みで、福神漬け、らっきょう、かつお節、ソースなどなど。

 

材料の値段を適当につけてみましょうか。 ほんまに適当にですよ。

お米(100円)豚肉(100円)じゃがいも(50円)たまねぎ(50円)ニンジン(50円)

ルー(70円)

福神漬け(20円)らっきょう(10円)かつお節(5円)、ソース(5円)

全部使えば460円です。

これらをすべて投入してカレーライスが出来上がりました。

さて、あなたはこのカレーライスにいくらの値段をつけますか?

「実際に使ったお金は460円だし、適当に利益を乗せて600円ぐらいかな。」

確かに140円儲かりますね。パーセントにすれば約23%の利益となります。

けどこれで本当にいいのでしょうか?

komatta_man

 

大事なことなので2回書いたこと↑

原価を構成するのは、材料費・労務費・経費です。

 

先ほど適当につけた600円は、材料費・労務費・経費のうちの材料費のみ見てそれに適当に利益を上乗せしただけです。

 

・お米・豚肉、じゃがいも、たまねぎ、ニンジン・ルー福神漬け・らっきょう・かつお節・ソース

これだけでカレーライス出来ますか?

出来るわけありませんよね。え?出来るって?ほんまに?

 

お米を炊飯器で炊かないといけません。炊飯器いりますね。カレーを煮込む鍋もいりますね。

肉やじゃがいもやたまねぎやニンジンを切る包丁やまな板。最初にしく油。隠し味のスパイス。

隠し味のスパイスが完成するまでどれほどの改良を重ねましたか?

出来上がったカレ―ライスを盛り付けるお皿。かきまぜたりカレーをよそおう貝杓子。食べる時のスプーン。水も飲みたいのでグラス。

食べ終わった後に口を拭くナフキン。

その他にもいるものがあると思います。

これらのものも材料費なんですよね。みんなお金をかけて用意したものばかりです。

じゃあ材料だけ集めればカレーライス出来ますか?

出来ませんよね。

 

お米をとがないといけません。材料を切らないといけません。それらを鍋に入れるでしょ。ルーも入れるでしょ。

煮込んでいるあいだにも時々かきまぜないといけません。隠し味のスパイスも途中で入れます。

出来上がります。お皿にライスを入れます。ルーも入れます。はしっこに福神漬けやらっきょうも入れます。

食べ終わった後は鍋やお皿やスプーンなどを洗って片付けます。

 

誰がやるの?あなたでしょ。

 

手間がかかります。手間賃ですね。シェフなら当然お給料をいただいてカレーライスを作っているわけです。

このようにカレーを作る人に支払う賃金など、人にかかる金額を労務費といいます。

 

屋外で作りますか?キャンプじゃあるまいし屋内で作りますよね。建物を建てるのにいくらかかりました?

建物には保険もかけますし維持費がいろいろかかります。

部屋の照明や材料を冷やしておく冷蔵庫にも電気代がかかりますし、ガス代も当然かかります。

水道代も欠かせません。

その他言い始めたらいくらでも出てきますね。

これら材料費労務費以外にかかるものを経費といいます。

 

これらの原価を計算し、集計して製品1個あたり(この場合カレーライス1杯)の

原価を計算する必要があるわけなんですね。

材料にかかった金額だけで適当に600円とつけてしまえば気が付いたらとんでもない大赤字になってしまいます。

 

何かを手に入れようとお店に行けば値札がついており、その通りのお金を払わなければ自分の物にすることが出来ません。

その値札のウラには、いろいろなものが計算され、集計して決まった値段なわけです。意味があるものなんですね。

 

genka

 

けど、たいがい感じることは

 

「何を買ってもたっかいのぅ!」

ですね(笑)

 

簿記の学習にあたっては、日本商工会議所主催の簿記検定。

いわゆる日商簿記検定にあてはめますと2級の工業簿記という分野でこのような原価の学習をします。

3級は初歩的な商業簿記の学習をして、その上の級である2級では3級の商業簿記よりちょっと難しい商業簿記と工業簿記が範囲となります。

ビジネススクールエンプロスでは、Web系や医療事務の他にも、簿記やOAの経理系の職業訓練も行っています。

事務職に就きたいけど資格も経験もないという人が受講されてたくさんの人が事務員としてデビューされてます。

 

 

株式会社エンプロス

詳しくはHPをご覧のうえぜひお問い合わせください!
http://www.emplos.in/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインメニュー

ブログメニュー

タグクラウド

おすすめ記事

【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由
【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由