プチ講座

履歴書や職務経歴書が見違えるほど良くなるSWOT分析の効果

プチ講座 投稿者画像  

自己分析とSWOTについて3回目の投稿です。

今回は『履歴書や職務経歴書の内容がSWOT分析を取り入れることで見違えるほど良くなる』という内容です。
転職活動を行う際、まず取り組むのが「履歴書・職務経歴書の作成」ですよね。
この履歴書と職務経歴書ですが、本屋や文房具屋で適当に買ってきたものにとりあえず空欄を埋めて提出したりしていませんか?実際に就職支援などを通して拝見すると、“とりあえず書いた感”が滲み出る履歴書・職務経歴書を予想以上に多く見受けられます。
それでは書類選考の通過率が著しく下がってしまいます。その結果として面接へ進める回数が少なくなってしまうため、面接では「失敗したくない」心理が強く出てしまい自分らしさが出せないまま終了してしまうと…折角勝ち取ったチャンスなのに勿体ないですよね。

ご存じない方は必見ですが、履歴書と職務経歴書の書き方には“”があり、抑えるべきポイントはたったの3つです
この型を満たした書き方をすれば、よほど経験やスキルと無関係な求人に応募しない限り書類選考を通過する可能性はグンと大きくなります。

1.全ての記載内容を「何をしてきたか」もしくは「何をしたいのか」のどちらかに結論付ける
2.
何をしてきたか」と「何をしたいのか」を記載した文章のバランスを“6:4”に近づける
3.履歴書の写真はプロのカメラマンに撮影してもらったものを使用する

これだけです。この型に通りに書くだけで明らかに選考結果に違いが表れます。では一つずつ解説していきます。

まず1.について、そもそも書類選考の段階では二つのことしか伝えてはいけないと明確に意識してください。つまり「何をしてきたか」が一つと「何をしたいのか」が一つ、合わせて二つだけです。
勿論、してきたことを一つだけというのは“経験してきた職種から一つ選ぶ”ということではなく、“なぜ履歴書・職務経歴書に記載されている様な学歴・職歴を経てきたのか”を分かりやすく纏めるということです。同じように、したいことを一つというのは“経験を活かせる職に就きたい”とか“職務に関連する資格を取得したから実際に携わりたい”とかいったことではなく、“なぜその職業を選択しようとするのか、その仕事を通じて何を欲しているのか”を簡潔に伝えるということです。
履歴書や職務経歴書に記載欄がある志望動機」や「自己PR」は「何をしてきたか」もしくは「何をしたいのか」のどちらかを言葉を変えながら尋ねられているだけです。

次に2.について、採用担当者の立場になって履歴書や職務経歴書を読むとすると、このバランスで書かれた内容が最もスムーズに頭に入り、面接で本人に会ってみたくなるほどに興味が沸きます。言い方を変えれば、経験と称した“昔話”をくどくど伝えられたり、まだどんな人かも分からないのに“”を語られたりしても、極端な話、履歴書・職務経歴書から目を離して10秒もしない間に忘れます。
あくまでも採用担当者が書類選考で知りたいのは求職者の“事実”と“価値観”だけだということを意識してください。

最後に3.について、これは当然といえば当然のことですが、スピード証明写真で撮影した写真を履歴書や職務経歴書に使った場合、他の内容が全く同じでも書類選考の通過率は1/3以下に低下します。
採用担当者は日常的に履歴書や職務経歴書に目を通しているのですぐに分かります。さらに「この求職者は自社に対してその程度の志望度しか無いのだな」と判断します。これでは選考結果は目に見えていますよね。担当者によっては内容を読むことなく不採用を決断するかもしれません。
履歴書・職務経歴書
において写真はそれくらいに重要な役割を担っていることを意識してください。

以上です。
中途採用では標準的な競争倍率で510倍ですし、人気の職種やエリア・条件などが揃っている求人だと簡単に10倍を超えます。その殆どが書類選考で決まるといっても過言ではないので、履歴書と職務経歴書を書くときは、この3つのポイントを踏まえて書いてみてください。
最後に、簡単そうにポイントを纏めましたが、実際に初対面の方にも分かるように“自分の価値観”を話す術を持っていますか?やっぱりSWOT分析が必要ですよね。
SWOT
分析のやり方などについては、下のリンクから過去のコラムを参照してください。

【自己分析とSWOT】
第1回『SWOTを活用して自己分析してみよう!
第2回『なぜ自己分析にSWOTが必要なのか?