プチ講座

無料のプログラム開発環境 Visual Studio 2015 Communityをインストールしてみよう。

プチ講座 投稿者画像  


9/16に自動車制御プログラムコースが開講されることが決まり、実際に使用する開発環境のご紹介も兼ねて、Visual Studio 2015 のインストール方法をここに記したいと思います。



1.Visual Studio とは?

Visual Studio とは、Microsoft社が提供するソフトウェアで、プログラムを開発する上で多くの便利な機能を取り揃えた「統合開発環境」と呼ばれるソフトウェアの一種です。

高度なコーディング補助機能や、デバック機能が搭載されており、特にWindowsアプリケーションを開発では、非常によく使用されている環境と言えます。

今回は無料版 Visual Studio をダウンロードし、インストールをしてみようと思います。

※ハードディスクの空き容量が11GB以上必要です。またインストールされるコンピュータの性能や、 ネットワーク環境によって、大変時間がかかる場合があります。



2.無料版 Visual Studio のダウンロード

以下のリンクからダウンロード可能

ここからダウンロード↓

https://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-community-vs.aspx

中央のダウンロードボタンをクリック

ブログ記事画像_05_

やったぜ!!ダウンロード完了!!

ブログ記事画像_06_

※今回はGoogleChromeを用いてダウンロードしています。



3.Visual Studio のインストール

ダウンロードしたファイルを右クリックし、管理者として実行 をクリックする。


ブログ記事画像_07

セキュリティの警告ウィンドウが出たら、 実行 をクリックする。

ブログ記事画像_08

インストーラが起動し、以上のような画面が表示されたら、カスタムを選択し 次へ をクリックする。

ブログ記事画像_09

自動車制御プログラムコースでは C言語とC++を取り扱うので、機能の選択にて、プログラミング言語の項目からVisual C++ にチェックを入れ 次へ をクリックする。

ブログ記事画像_10

インストール開始!

ブログ記事画像_11

インストール中・・・・

ブログ記事画像_12

インストールが完了したら 起動 をクリック!

ブログ用13



4.起動確認

起動した!!
アカウント関係は 後で行う をクリックする。

ブログ用14

配色テーマは今回は 青 を選択し、Visual Studioの開始 をクリックする。

ブログ用15

はじまるのか・・・?

ブログ用16

起動した!!!

ブログ用17

今回はここまでです。

次回はプロジェクトを作成し、簡単なプログラムを作ってみましょう。

次回 Visual Studio 2015 プログラミング編 1

メインメニュー

ブログメニュー

タグクラウド

おすすめ記事

【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由
【動画】エンプロスが未経験でも医療事務員を輩出できる理由