プチ講座

コーディングはこれひとつでOK!Bracketsを使ってみる

プチ講座 投稿者画像  

今日はAdobeが無料ソフトとして出しているBracketsを紹介します。
コーディングができるソフトはサクラエディタなどたくさんありますが、WEBデザイナーが馴染んだソフトから乗り換えるほどの高機能ソフトです。

ここがオススメ

  1. HTML・CSS・Javascript・PHPなどWEB言語に広く対応
  2. windows・mac両対応
  3. 拡張機能でほしい機能を追加できる
  4. 初めから高機能

それではインストール作業をしていきましょう。

ダウンロード

まずはbrackets公式サイトからファイルをダウンロードしてきます。

無題

サイトは英語ですが、ソフトは日本語で使えますのでご心配なく!

インストール

ダウンロードしてきたファイルからインストールをしていきます。無題
英語ですが変更はいらないのでそのまま「Next」をクリック。
あとは「Install」を押すだけの簡単作業です。

少し待って「Finish」を押せばインストール完了です。

 

 

 

画面の確認

起動してみましょう。無題
初回起動の場合付属のHTMLファイルのソースコードが開かれた状態になります。

タグや属性は当然色分けがされています。
メニュー周りが日本語になっているのを確認しておきましょう。

またタグ名をクリックすると終了タグがハイライト表示されます。
これでとじ忘れもなくなる・・・?

最後に

次期DreamWeaverにはBracketsの機能が盛り込まれるとの情報もあり、今のうちから慣れておくのがよいかと思います。

今回はインストールと確認まで、次回は便利な使い方と拡張機能のご紹介をします。
有料のソフトよりも便利になるかも!?